アナタの街のスマホ修理店

横浜でスマホ修理をするか悩む

家電製品が壊れた時にメーカー保証が切れているなら、ほとんどの人は買い替えます。

もちろん使用年数や購入した時の金額によっても変わることでしょう。例えば冷蔵庫や洗濯機が10年ほど使用してからの故障であれば、修理してもまた壊れるのではないかと考え、新品を購入します。数千円で購入出来る家電であれば、修理代金と新品の値段が差が無いので新品を購入することを選択することがほとんどです。日本は人件費が高いので、修理費も高くつきます。スマートフォンの値段もいろいろですが、安い機種であれば一二年で機種交換することが多いです。壊れても修理することはありません。しかし、高額の機種になると一二年で機種交換することは少ないです。壊れても修理することを選ぶ人が多いです。横浜近郊であればスマホ修理店がたくさんあるので、通学や通勤の途中に立ち寄って修理することが可能になります。

近くでスマホ修理が出来るのは便利です。スマートフォンが必需品になり、仕事やプライベートで手放せないものになっているからです。メーカーや機種、修理するパーツによって値段が変わってきますが、平均して1万円前後の修理が多いようです。多いのは、パネル交換や水没の修理ですが、うっかり落としてしまうことがあります。手に持って使うことが多いのからですが、手帳型のカバーを使っていればいくらか破損を防ぐことができます。スマホ修理の時間は水没だと3時間ぐらいはかかるので、横浜に住んでいるようであれば、往復の時間も含めて半日ぐらいは潰れます。

簡単なパーツ交換なら30分ぐらいで終わるものもありますが、週末や祭日は混むので注意が必要です。横浜や都市部ではなく近くに修理店がない場合は郵送でも修理が可能ですが、2日から3日ほど時間がかかります。修理する時に悩むのは、スマートフォンが修理するほどの価値があるかどうかですが、買った時の値段や買い替えるのにいくらぐらいの費用が必要かで決まるでしょう。よくあるのは何年も使っているので、スマホの中に大量のデータがあることです。例えば、写真や動画、仕事の資料などいろいろありますが、定期的にバックアップを取っていなくて、そのデータが必要なために修理をするという選択肢を選びます。データをきちんと取っておけばよかったとその時は思いますが、問題が解決するとすぐに忘れてしまいます。データさえとっておけば修理しなくてもよかったかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *